お金を借りる審査

お金を借りるときの審査方法を知りたい!または、審査に通らなかった、落ちた理由が気になるときは当サイトをチェックしてみてくださいね!
MENU

気になるお金を借りる時の審査方法について

金融機関からお金を借りる場合には、申し込みした後に必ず審査があります。 これは申し込みした人のさまざまな情報をもとにお金を貸しても良い信用できる人かどうかを判断する重要な手続きになります。 なぜ必要かというと、金融機関が貸したお金をきちんと返してくれないと損害が発生してしまうためです。 どのような審査方法かというと、お客さんが申し込みの際に提出した申込書に記載されている情報をもとに金融機関の社員によって判断が行われます。 無人契約機やインターネット経由の申し込みでも店舗で必ず人によって審査が行われます。 審査の判断に使われる情報とは、年齢、職業、職場の連絡先、勤務年数、年収、家族構成、住居、個人信用情報などです。 一般には安定した収入が長く続いており、高収入、勤務年数が長いほう、賃貸の一人暮らしより持ち家に家族と同居しているほう、固定電話があるほう…などが審査に有利とされています。 ただし、申込者の属性が良くても、過去の借り入れ状況の履歴が良くないと審査には不利になります。 例えば返済の大きな延滞、キャッシングの複数の申し込みなどです。 この情報は個人信用情報機関に登録されており、他の金融機関での利用履歴も含まれています。 この情報が良くないと、お金を貸してもきちんと返してもらえない可能性が高いと判断されても仕方ありません。 過去に金融機関の利用でトラブルがあった人は気をつける必要があります。 なお、具体的な審査方法や審査基準はお客さんが問い合わせることはできません。

銀行でお金を借りる際の審査基準は年収や勤続年数などの実績・数字重視

消費者金融や信販会社と比べて、銀行のカードローンは審査基準が厳格なケースがほとんどです。 個人向けのカードローンとしては少額融資のものと、限度額が数百万円のフリーローンなどがありますが、限度額が大きくなるほど審査は厳しくなります。 なかでも注目したいのは貸付条件です。 フリーローンの場合は勤続年数と会社員・公務員などに限定されていますが、小口のカードローンの関しては安定した収入がある方であれば利用できます。 また、大手の消費者金融にみられるメガバンクと提携・グループの傘下に入っているカードローンはパート・アルバイトの方でも利用可能です。 こうしたフリーローンとカードローンの商品の違いや業態毎に審査基準も違うものですが、総量規制が適用されるかも着目しておきたいところです。 総量規制は年収の3分の1以上は借りることができず、年収300万円の方であれば借り入れの上限は100万円となりますが、銀行のカードローンは対象外となっています。 ただし、総量規制外であっても自社基準や返済能力の有無によっても借り入れることができる金額は異なりますが、年収に左右されない面があります。 また、ネットバンクのカードローンは大手のメガバンクと比較して利用しやすい面があり、地銀なども条件によって利用しやすいものです。 加えて各社の貸付条件と合わせて、チェックしておきたいのは、どこの保証会社が審査を行っているかという点です。 銀行でお金を借りる場合は保証会社の審査を通ることが第一条件です。 もし、保証会社が現在利用している金融会社である場合、審査も厳しくなることも予測されるため、注意が必要です。

なぜ受からない!?消費者金融の審査基準

消費者金融からお金を借りる時には必ず審査があります。 審査では返済能力の確認を行い、返済能力基準を満たしていれば融資可能、返済基準を満たしていなければ融資は不可能となります。 消費者金融の審査は他の金融会社に比べて甘いとされているため、比較的通過しやすい基準にはなっているのですが、それでも審査に通過できない人は少なくありません。 では、実際にどのような審査基準になっているのでしょうか。 審査基準に関しては、一概にこうであるという基準はありません。 平成24年度時点での貸金業者の登録数は2,350社ですので消費者金融といっても数は知れず、各社によって異なる基準を設けているため、A社では審査に落ちたけどB社では審査に通過できたということも珍しくはないのです。 そういったことを踏まえて、審査に落ちてしまった人に考えられる理由としては、収入が少ない、勤務年数が短い、他社への返済が多い、多重申込みをしているなどがあげられます。 審査に通過できないということは、返済能力に何かしらの問題がある人ですので、何が問題だったのか考えてみましょう。 また、本来の返済能力には問題がなくても申し込みの際に虚偽の情報で申込みをしたら信用は得られませんので、当然のごとく融資はうけられません。 また、嘘の情報で申し込むと今後の審査にも大きく影響してきます。 さらに記入間違いなどでも審査に落ちてしまうため、申し込みは慎重に正しく行うことが大切です。
お金足りないクレジットカード 審査カードローン 審査
このページの先頭へ